社員インタビュー営業職CA

責任が大きい分、自由に、

そして柔軟に働ける環境

動物病院に対して自社取り扱い製品の提案を行っているCA事業部の営業職。製薬や動物についての専門的な知識について学びながら、お客様に直接自分の意見や考えを提案します。一人ひとりの知識や考え、コミュニケーション力が求められる責任感の大きな仕事である分、活躍のチャンスは自分次第で大きく広がります。

INTERVIEW

INTERVIEW

営業本部CA事業部
神奈川事業所

M.Iさん (新卒2019年入社)

ゼノアックへの入社を決めた理由を教えてください。

幼いころから動物が好きで、動物に関わる仕事に就くことが夢でした。大学時代も農学部で動物のことを勉強していたので、自分が学んできたことを仕事につなげたいなと思い動物業界を志望し、ゼノアックに出会いました。

動物に関わる仕事がしたいという気持ちのほかに、英語を使ってグローバルに働きたいという想いもあったので、グローバルに展開しているゼノアックの営業職として働き、その先に海外を見据えながらステップアップしていきたいなと思って入社を決めました。

普段の業務について教えてください。

動物病院を定期的に訪問し、製品の提案を行ったり、採用していただいている製品の施策提案や実施を行っています。私は横浜エリアを担当しているのですが、毎日車で動物病院を回っています。

基本的には一人で営業をしていますが、ビジネスパートナーのメーカーさんと一緒に提案するということもあります。病院様が開いている時間帯に訪問し、合間に事務処理をして……という毎日で、売上目標の達成に向けて事務所のみんなで一丸となりながら、日々営業活動に取り組んでいます。

現在のお仕事のやりがいは何ですか?

自分が提案した製品を使って動物が助かったときや、困っていた症例や課題が解決できたときにやりがいを感じます。病院の先生からありがとうなどと感謝の言葉をいただくこともあったりして。間接的ではありますが、そういった言葉をいただけることで、結果飼い主様のためにもなったんだなぁと実感することができます。自分が勉強したことについてしっかりと先生方と深く話をすることができ、良い結果につながったときにはやっぱり嬉しいですね。

また、私の仕事は裁量がとても大きく、仕事の内容も働き方も、ある程度自分で自由に調整してコントロールすることができます。もちろんその分任される責任もとても大きいですが、自由に柔軟に働ける環境というのはとてもありがたいですし、自分でいかようにもチャレンジや活躍の場を広げていけるというのも仕事のやりがいにつながっているのかなと思います。

仕事において意識していること心がけていることはありますか。

提案するためには専門的な知識が必要なので、日々勉強するということももちろん大切なのですが、私は現場で得られた知識をしっかりと自分の中に蓄積していくことで学びを得るようにしています。病院様からもらった質問の中にはわからないこともあったりするのですが、そういうときにはわからないことを素直に伝えて教えてもらうようにしています。また、ゼノアックにはテクニカルサービスチーム(学術部)という獣医師さんたちの専門のチームがあるのですが、そこの方々に質問することもあります。とにかくその都度出てきたわからないことはすべて潰すようにしているんです。

現場でいただく質問は、病院やシチュエーションが違ったとしても、同じ内容のものであることが多いので、わからないことが出てきた時点でしっかりと学んで吸収しておけば、別の場面でもしっかりと活用することができます。日々の現場での学びがしっかりと蓄積されていき、自分自身の成長にもつながっているなと感じています。

今後のご自身の目標を教えてください。

入社当初からの「グローバルに働く」ということに近づくことが現在の目標です。国内で培った自社製品の知識を活かして、海外の動物病院様に対しても自社製品の提案を行っていきたいなと思っています。

現在営業職として3年目なのですが、まだ国内の仕事でやり切ったなと感じているわけではありません。しかし、自分自身の目標としてずっと掲げていた海外の仕事に向けて、次のステップに進んでいきたいですし、自社製品があるのでそれを使って海外の動物とペットオーナー様たちが楽しく幸せに生活できるように活動していきたいですね。