社員インタビュー社内SE・バックオフィス

お客様は同じ会社で働く仲間たち

会社の成長のために、自らも成長する

社内システムの保守や刷新を担い、社員の業務改善に必要な様々なシステム業務を手掛ける社内SE。仕事相手となるお客様は、同じ会社で働くゼノアック社員。他部署の社員や業務と直接向き合う仕事だからこそ得られるやりがい、喜びがある。自らの成長が会社全体の成長につながります。

INTERVIEW

INTERVIEW

ICTマネジメント部
ICTマネジメントチーム
スタッフ

J.Iさん (新卒2019年入社)

ゼノアックへの入社を決めた理由を教えてください。

大学ではコンピューター理工学部でプログラミングやネットワークを専攻していました。実際は、勉強よりも部活動に打ち込んでいた大学生活だったのですが(笑)。ITの知識を活かした仕事に就きたいと思って就職先を探していたところ、地元郡山の企業であるゼノアックに出合いました。

最終的に入社を決めた理由は大きく2つ。

1つ目は、入社前にLA事業部の営業さんからお話を聞く機会があったのですが、ただ製品を売るだけではなくお客様に対して真摯に向き合っている姿を見て、かっこいいなと思ったから。社会人として、自分もこういう姿勢で働きたいなと思えことが大きな決め手の一つとなりました。

2つ目は、会社として安心感があり、働きやすそうな職場だなと感じられたから。長く働き続けられる会社を選びたいと思っていたので、社員想いの制度や社風に大きな魅力を感じました。

普段の業務について教えてください。

社内SEとして、社内システムの保守や刷新、他部署の業務改善に向けたアプリ作成の支援などを行っています。

最近は大きな基幹システムの入れ替えプロジェクトのメンバーとして、資料作成や他部署のメンバー調整などを担う事務局というポジションを任されています。このプロジェクトは、部署全体としても今年度一番力を入れているので、その一員として様々な業務に取り組んでいます。

このプロジェクトチームのほかに部署内にはもう一つユーザーサポート業務をメインとするチームがあります。社内SEの場合、ユーザーというのは同じ会社の社員です。ゼノアック社員のみなさんのPCサポートなど、業務をスムーズに進められるようにシステム面からサポートしています。

現在のお仕事のやりがいは何ですか?

元々私は人が幸せになってくれることで自分も幸せを感じるタイプなので、同じ会社で働く社員のみなさんのためになる仕事に携われているということに大きなやりがいを感じます。同じ会社だからこそ、現場の方々が喜んでいる姿を見ることができたり、直接ありがというという言葉をかけてもらえる機会もあります。それがなによりも嬉しいですね。

また、システムと向き合うだけではなく、他部署の方々や業務と向き合う中で、業務の全体を見てより良い改善方法を考えて提案できるということも非常に面白いです。以前、システムを刷新するためにSCM本部の多岐に亘る業務フローについて、自分で聞き取りをして調査を行ってまとめあげたことがありました。とても大きなプロジェクトだったのですが、そこに最初から参加することで全体をしっかりと見る目を養うことができましたし、それがやりがいにも繋がりましたね。

入社してから成長したなと思うことはありますか。

与えられた仕事をこなすだけではなく、自分で進め方を考えながらプロジェクトを進めることができるので、自分自身の成長に繋げられるチャンスがいっぱいある環境だと思います。プロジェクトを進める中で、初めて経験することももちろんありますが、自分で考えて進めるという実行力は確実に身に付きますね。

他部署を絡めた大人数での打ち合わせでは司会をすることもあり、最初はあまり経験したことのない役割に戸惑いましたが、回数を重ねるたびにうまく進行できるようになり、今では目標を持っていいファシリテーションができたなと感じるまでになりました。ICTマネジメント部以外の仕事においても活躍できるようなビジネススキルも身に付いているなと感じています。

今後のご自身の目標を教えてください。

ゼノアックの全社員が今よりも少しでも幸せになれたらいいなと思うので、会社全体の幸せ度を上げるために自分が何をしたらいいのかというのを考えながら仕事に取り組んでいます。

そのためには、各部署の業務時間を削減するための仕組みを考えたり、複雑な業務フローをシンプルにしたりと、誰もが働きやすい環境を作っていきたいなと思います。私が今やるべきことは、社内システムや様々なツールについての知識をもっともっと深め、他部署の業務を理解していくこと。会社や社員のためにしっかりと貢献できる人材へと成長していきたいと思います。